岡山 盗聴器発見調査 盗撮器発見調査

岡山で盗聴器発見調査 盗撮器発見調査 岡山 倉敷 津山

岡山で盗聴器・盗撮器発見調査  

「誰も知らないはずなのに・・」「大事な情報が漏れている・・」

岡山県内での盗聴器発見調査依頼は良心価格

岡山で盗聴器発見調査するならアンバサダー調査事務所

そんな不安を感じたら岡山の探偵社アンバサダー調査事務所岡山へご相談下さい。

盗聴器発見調査 依頼ダイヤル
盗聴器や盗撮器を仕掛ける人はケースによります。
あなたに好意を持った人物である時もあれば、見知らぬ人やマニアの存在も気になります。
ストーカーや交際関係のトラブルや職場トラブル、相続などの家族トラブルが背景に隠されていることもあります。
独占欲の強い恋人、職場の同僚、妻または夫、両親などによる物や、
近年増えているのが近隣トラブルやご近所トラブルによるものも多いです。
仕掛ける側の理由はいろいろありますが、あなたのことを全て知りたいという監視目的や、あなたを陥れたいという人、また盗聴マニアやブレインハッカー問題などであることも。
盗撮器があるかも・・
誰かに盗撮されているとしたら・・・。
多くの場合すぐには気づかないようですが、自宅に戻ってみたらいつもとどこかが違うと違和感を感じたり、
微妙に物の配置がずれていたりと思い当たる節があったら危険です。
盗聴器・盗撮器を発見するだけでなく危険やトラブルの解決も重要なことです。

お電話でのお問い合わせ

岡山県の地域に根差した探偵社

マンションなどの賃貸物件では、以前の盗聴器が付いたままになっていることも多く、家主とのトラブルになることもあります。いつ付けられたものか分からないケースも多く、気持ち悪がる住人からのご相談も寄せられています。こういったトラブルにならない為にも賃貸物件や一戸建ての場合も入居時には盗聴器発見調査をお勧めします。

とくに女性の一人暮らしの場合などは、盗聴マニアに狙われやすいので、引っ越しの際には盗聴器発見調査と盗撮器発見調査を必ず行いましょう。盗聴マニアからストーカー行為を受ける可能性もあり危険です。

<<岡山で企業の盗撮、盗聴発見調査 犯人は社員 企業盗撮盗聴発見調査、犯人は社員>>

企業の盗聴 盗撮 情報漏洩調査は経営者の義務!

企業での盗聴、盗撮発見調査

企業からの盗聴器発見、盗撮発見器調査の依頼例です。

役員だけの個室打ち合わせ内容が社外にもれ、仕事上で不利な立場になることが多く、情報漏れの恐れが
あるので、調査をしてほしいとのことであった。
調査を開始すると、すぐに盗聴器が社長室にあることがわかり、
盗撮も調べてみたが盗撮はされていないのは判明した。
ここで当社はすぐに盗聴器を外さない。

また、これを機に犯人の特定、背後関係の洗い出しを当然しないと、盗聴器を外しただけでは何の解決に
もつながらない。なぜか盗聴電波は、業務時間内だけ出て、会社をしめると、盗聴波は出なくなる。

このことにより、社内の人物を疑っての調査を進めることにした。まず社長室の映像撮影を開始、さっそ
く不審人物を特定、その人物の素行調査を開始すると1週間に一度、同業者の社長にあっている。これは
かなり重要なことで、彼に対象を絞り込み調査を進めることとした。これ以上詳しくはかけないのでこれで
了承してほしい。

結局、その対象者社員は社内情報の持ち出しを認め協力者となることを約束させた。
あとは同業者の社長をどうするかだけだった。
結局ウソの情報を他社に漏らし、最終的には、同業者との示談で手を打つこととした。

本当はもっとすごいドラマがあったがこれ以上書くと、クライアントにも迷惑がかかってもいけないのでこのくらいにしておく。

盗聴トラブル解決相談依頼

岡山県の地域に根差した探偵社

岡山で企業の盗聴被害 盗撮被害

情報漏れなどで困っている方は当社に相談ください解決できるまであなたの力になることができます。

岡山の探偵社アンバサダー調査事務所岡山へ、まずはお電話ください。

情報漏れ対策 盗聴器発見調査依頼

岡山でも盗撮事件は起きています

トイレの盗撮は他人ごとではない!知らない間に盗撮被害者に
JA丹波ささやま(兵庫県篠山市)の職員用トイレの個室内にペン型カメラが置かれているのが見付かった事件がありました。
男性管理職が「自分が設置した」と名乗り出ており、「職員の労務管理目的でだった。」と説明したといいます。
苦しい言い訳のように聞こえます

同JAによると、市内にある施設の男女兼用トイレの中で、女性職員がペンのような不審物を見付けました。
ペンの持ち主であると名乗り出た男性管理職は「トイレに入った際、ペンを忘れてもメモできるようにする目的だった」と話したという。

しかし篠山署が調べた結果、このペンにはカメラ機能が付いていることが判明したことで事件が明るみになりました。
ペンの持ち主の管理職の男は「わいせつ目的ではない。従業員がトイレでさぼっていないかチェックするためだった!」と苦しい主張したといいます。
この管理職の男は施設の管理責任者だったそうです。
このようなトイレの盗撮事件岡山県でも実際に起こっています

しかも場所はスーパーマーケットのトイレしかも盗撮器を仕掛けていたのは、そのスーパーマーケットの店長、その被害者は、当社の調査員の関係者でした。

当然私どもの先に相談し対策と犯人捜しをしたのです。当然、きついお灸を据えてきました、犯人が事件を公にするのを嫌がったので警察には引き渡すことはありませんでした。

電話で今すぐ依頼するなら

 

 

岡山で盗聴器発見調査 盗撮器発見調査の探偵アンバサダー 岡山倉敷津山 盗聴調査盗聴器岡山県岡山市倉敷市津山市