盗聴活動

盗聴活動

盗聴活動は日常的に行われています。相手の情報を入手し、自分に有利な状況に持って行くことは当たり前のことだと思います。特に国家間での情報は情報の使い方を熟知しているものにとってはとても重要なことです。また情報がなければ判断もできないのです。
日本の盗聴活動、米秘密裁が許可

独誌、スノーデン資料から判明

30日発売のドイツ週刊誌シュピーゲルは、米情報機関の盗聴行為などの是非を判断する米秘密裁判所「外国情報監視裁判所」が、国家安全保障局(NSA)に対し、日本を監視対象とすることを許可していたと報じた。許可した時期や具体的な内容には触れていない。

米中央情報局(CIA)元職員のスノーデン容疑者が所持していた機密資料から判明したとされる。シュピーゲルによると、秘密裁判所は2013年3月7日、ドイツに対する監視の許可を出した。

日本やドイツのほかに中国、ロシア、ブラジル、メキシコ、ベネズエラ、スーダン、イエメン、グアテマラ、ボスニア・ヘルツェゴビナについて許可が出ていた。

シュピーゲルはNSAが09年5月の1カ月間で、ドイツのメルケル首相をはじめ122人の各国首脳らのデータを収集していたとも報じた。

しかしアメリカは情報を大切にする国ですね。

盗聴器発見調査なら

岡山に探偵 アンバサダー調査事務所

086-226-1099