セクストーション

セクストーション

セクストーションと呼ばれる犯罪があります。これは性的行為という意味の「SEX」と、恐喝という意味の「EXTORTION」を合わせた造語であり、インターネット上で「出会った」異性に対して性的行為の写真や動画を撮らせ、その公開を材料に脅迫を行う手口です。この「性的な恐喝」に関しては、米FBI がすでに 2010年に注意喚起を出しており、日本でも 2014年4月に逮捕事例が報道されています。

これまでに確認されてきたセクストーションでは、その要求は性的なものでした。

セクストーション加害者はネットを最大限活用し、カメラ付きチャットを利用してユーザの行動を録画し、「口止め料」としてさらに性的な行為を要求します。ネットユーザーがそれに従うと、セクストーション加害者の要求はさらにエスカレートしました。

セクストーションの手法を発展させ、ネットユーザにさらに甚大な被害を与えていることを確認しました。この新しい手法では、セクストーション加害者チャットや連絡のために必要なアプリであるとだまして被害者のスマートフォンに Android の不正アプリをインストールさせます。不正アプリは、ユーザのコンタクトリストを収集し、攻撃者に送信します。攻撃者は被害者の家族や友人の連絡先を入手し、直接連絡が取ることができることを示すことで、さらなる脅迫の材料となります。

セクストーション加害者は、性的な行為のかわりに金銭を要求するようになりました。この種の脅迫で大金を獲得したいセクストーション加害者にとって、こうした金銭的利益は、より魅力的な動機となっているようです。