結婚詐欺の手口

結婚詐欺の手口

 

結婚詐欺の被害を受けてしまうと、金銭的な被害だけでなく精神的にも被害を被ることになり、人間不信になったり、うつ状態に陥ったりと、後あと大変なことになってしまう傾向があります。

 被害者からの信頼を得る

詐欺において対象者に不審に思われたら、犯罪者としては思うように事が運びません。詐欺師は対象者の信頼をまず得ようとし、例えば、小額のお金の貸し借りの話をワザともちかけ、すぐに借りたお金を返すことで対象者からの信頼を得ようとします。「他の詐欺でもよく使う手です」また高級品(高級車・時計・アクセサリーなど)を身につけたり、お金を持っていることをアピールし、結婚相手としの金銭的信頼を対象者から得ようとします。

上記の場合は後で第三者からすれば明らかに騙していると感じます。しかし騙されている本人はそれでも信じようとするのが、詐欺にあうと精神的にしんどいのがそのためです。

 

詐欺師自信のトラブル解決手段として金銭を要求

対象者からの信頼を得た詐欺師は「自らかのトラブルを装い」トラブル解決の解決金として金銭的な支援を対象者に求めてきます。

 

欺師が良く使うトラブル例

 

親族の不幸、保証人トラブル、持病、」など様々です。

 

詐欺師が要求する金額は、さまざまで、数万円を何十回も要求する場合や、一回に数千万円の要求もある場合があります。高額である場合は、対象者がお金を貸したら最後、詐欺師は姿を消してしまうパターが多くあります。

 

パートナーに不信を感じたら当社に相談ください。貴方の力になります。

 

 

表沙汰にせず結婚詐欺を解決

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099