嫌がらせ対策

嫌がらせ対策

嫌がらせ 野球部が大会辞退

「嫌がらせ」には様々な内容があり、複雑に問題が絡み合っています。

当事者間ではどうにもならない状態に発展しているケースもあり、

特定の相手の場合は、嫌がらせをやり合っていることもありどちらが加害者でどちらが被害者であるのか分からなくなっている事もあります。

こういった状況で警察や弁護士に駆け込んだけれど、相手にされなかったと言う話もよく聞きます。
民事的なことに、警察は取り合ってくれませんし、係り合いたくない弁護士も多いのです。

嫌がらせが長く続くと、精神的にも肉体的にも厳しいものになってきます。

精神的に病んでしまう方も多く、ウツになる人もいるのです。

また、誰にも相談できずに自殺に至るケースもあります。

自殺の真相を加盟することは可能ですが、それよりもそうなる前に解決することが望ましいでしょう。
もし何かのきっかけで脅されたら、貴方はどう解決しますか?

「会社にばれたらクビになる!」

「家族に危害が加えられたらどうしよう・・・」

「断ったら、仕返しされるかもしれない!」

「警察に相談すると、問題が大きくなる・・・」

様々な、不安が脳裏をよぎるに違いありません。

ひとりで、このような悩みを抱えていても問題が解決することはないでしょう。

解決へ向けての一歩が必要なのです。

兵庫県高校野球連盟は25日、姫路市立姫路高校が春季県高校野球大会への出場を辞退したと発表した。2年前、野球部員の間で携帯電話を使った嫌がらせがあったためという。
同日夕に記者会見した姫路高校によると、2013年6月、当時1年生の野球部員6人が同学年の部員1人に対し、無料通話アプリ「LINE」で暗い表情をイメージしたスタンプを同時に計約900個送った。
被害に遭った部員は1年で部を辞め、その後、不登校になっているという。同校は被害者側の要望で公表してこなかったが、今月、外部から県高野連に通報があった。
姫路高校は26日の3回戦で篠山鳳鳴高校と対戦予定だったが、不戦敗となる。