不倫の証拠 主張立証責任

不倫の証拠 主張立証責任

 不倫を立証するためにははっきりとした証拠が求められます。しかしこれがなかなか素人には困難なものです。離婚訴訟などで離婚理由として不倫を持ち出す場合には不倫相手との肉体関係を立証することは、離婚の主張、慰謝料を主張する側か証拠を用意必要があります。ただ密会している証拠だけではなかなか不倫の立証が難しいのが現状です。

 離婚協議や裁判や訴訟まで進展したケースでは、不倫した側は一度その事実を認めながら後になって撤回するケースも少なくありません。また最初から否定する場合も多く、慰謝料や財産分与などで不利にならないためにも証拠は必要なものです。残念ながらこういった状況下の中で相手の誠意を期待することは現実的ではありませんできません。第三者が見ても明らかな証拠が求められます。

 不倫の証拠集めに興信所や探偵などを利用するケースも多いでしょう。この際注意したいのが違法な方法によって入手した証拠です。盗聴や盗撮などによって得た証拠は証拠として認められません、不倫相手とホテルに入った時の写真などは不倫の証拠として認められますが、違法な行為で得て証拠は、それから証拠能力も問われます。

 たとえばメールの場合は改ざんが容易にできるため、証拠として認められないことがほとんどです。またメールの内容だけでは肉体関係を確定するのは困難です。そのためメールは相手を問い詰める際に活用する程度の証拠として捉えておく必要があります。

 同じようにデータの改ざんが可能なデジタルカメラですが、こちらは現在証拠として認められるようになっています。ただし、できれば同じ場面を複数枚撮影して言い逃れができないような状況にしておくことが求められます。ある意味物理的に不可能な場合もあります。

 このように、不倫の証拠集めはなかなか難しい面があります。十分に注意した上で行った上で優秀な探偵社に調査依頼しましょう。