シミュラクラ現象

シミュラクラ現象

シミュラクラ現象とは、脳の錯覚で起る現象で、人間の目には3つの点が集まった図形を人の顔と見るようにプログラムされている脳の働きを指し示す現象を言う。人間は他人や動物に出会った場合、敵味方を判断したりする目的で本能的にまず、相手の目を見る習性があるといわれています。

人や動物の眼と口は逆三角形に配置されていることから、点や線などが三角形に配置されたものを見ると、脳は顔と錯覚してしまう為、多くの心霊写真と呼ばれる写真は、これのシミュラクラ現象で説明できるといわれている。

そもそも霊の存在を科学的に証明した文献はない。

 

私どもの心霊調査では、心霊現象でないという調査結果が多く、霊の存在を証明したケーはほとんどまれで、クライアントが主張していた心霊現象は再現できる物理的なものが多く、錯覚、思い違いが多い。

しかし、中には不可解な現象も多く体験したことも事実で、私どもで再現できることは不可能な案件で、心霊現象の解明に至らなかったケースで霊能力者が解決したケースもありました。

 悪徳霊能力者

私どもが携わった案件の中には、悪徳霊能力者がクライアントをだまし多額の金銭をせしめているケースがあまりにも多くびっくりします。

私どもから見れば明らかに言動がおかしく、問題をややこしくしていることは明らかなのですが、当事者にはわからないのでしょう。

悪徳霊能力者の特徴があるのですが、個々では触れることを控えます。詐欺師はあらゆる対策をし、だましてくるのと同じように、悪徳霊能力者もクライアントをだますテクニックを磨いています。

 

何事も、事実と現実から導き出す解決策で対策をとることによってトラブルから解放されると私どもは信じています。

 

「一人で悩んでいませんか」 そんな不安を私どもアンバサダー調査事務所が解決いたします。事実、真実を知ることが、問題解決への第一歩です。実績のある当社へ安心してご相談ください。経験豊かな相談員がお客様に適切にアドバイスさせていただきます。きっと「早く相談すれば良かった」と思われることでしょう。