社内横領背任調査 岡山

社内横領背任調査 岡山

「最近、部下の様子がおかしい・・」「お金が合わない・・」

信頼していたはずの部下が信頼できなくなるといったこのような状況は避けたいものですが、そのような苦い経験をした方は実際には多くいらっしゃいます。きちんと仕事をしていると思っていたら、じつは、外出先で不審な行動をしていたり、顧客との過度な付き合いがあったり、社内の不正や横領などが管理者の目の届かないところで現実に大なり小なり行われています。現金や商品の横領、社員の不審な行動は貴社に大きな損害をもたらします。リスク回避を考えておられる方、またそのような問題や悩みを抱えておられる方は、アンバサダー調査事務所へご相談ください。当社の専門相談員が対応いたします。もちろん秘密厳守ですのでご安心ください。
横領金で8千万自宅、9百万ピアノに高級クラブ

 

勤務していた会社の金を着服したとして、福岡県警小倉北署は18日、北九州市戸畑区の元会社員被告(58)(業務上横領罪で起訴)を業務上横領容疑で追送検し、捜査を終結したと発表した。

被告は「1995年頃から5億円ぐらい横領した」と供述しており、会社の使途不明金とも一致するという。

発表によると、被告は総務部長として経理を担当していた2009年4月~12年8月、計84回にわたり、会社名義の預金口座から計1億3020万円を横領した疑い。経理を一人で任され、会社の預金残高証明書を偽造するなどして帳簿を改ざんしていたという。

被告は、家族に「株でもうけた」と説明。自宅(約8000万円)やピアノ(約930万円)、バイオリン(約400万円)の購入や、高級クラブでの飲食代、女性従業員に贈る宝飾品代の支払いなどに充てていた。「いい格好がしたかった」と供述しているという。

 

「最近、部下の様子がおかしい」「お金が合わない・・」

信頼していたはずの部下が信頼できなくなるといったこのような状況は避けたいものですが、そのような苦い経験をした方は実際には多くいらっしゃいます。きちんと仕事をしていると思っていたら、じつは、外出先で不審な行動をしていたり、顧客との過度な付き合いがあったり、社内の不正や横領などが管理者の目の届かないところで現実に大なり小なり行われています。現金や商品の横領、社員の不審な行動は貴社に大きな損害をもたらします。リスク回避を考えておられる方、またそのような問題や悩みを抱えておられる方は、アンバサダー調査事務所へご相談ください。当社の専門相談員が対応いたします。もちろん秘密厳守ですのでご安心ください。