盗聴・盗撮発見調査のススメ

盗聴・盗撮発見調査のススメ

 盗聴・盗撮なんて自分たちには関係ないと思われている方が、大勢いらっしゃると思いますが、それは大きな間違いです。盗聴器・盗撮器の販売個数は、年間40万個以上と言われています。盗聴盗撮産業は10億円規模と言われています。それに伴い盗聴・盗撮犯罪は年々増加の一途を辿っています。

盗聴は、産業スパイや映画・小説だけの話しだと考えがちですが、実際には盗聴器・盗撮器ともに、一般のご家庭に取り付けられているのが半数を占めていると言われています。ネット通販なんかで簡単に購入できるからです。

 アパート・マンションに一人で住んでいる一人暮らしの女性に対し、彼氏や元彼、さらには悪質なストーカーなどが勝手に取り付けていくという事例も大変多くなっています。ホテル、職場、公衆トイレ、階段下等々で盗聴・盗撮は行われています。
しかも、盗聴・盗撮を直接に取り締まる法律は、未だに制定されてはいないのが現状です。

盗聴・盗撮という行為自体は、「盗聴罪」「盗撮罪」が無い事もあり、現状では、現行法の電波法、電気通信事業法、有線電気通信法又は知りえた情報で特定の法人・個人に損害を与えた場合の民事上の法律で対処することになります。
しかし、個人のプライバシーを侵害している為、盗聴・盗撮行為は悪質な犯罪です。

簡単に機械を手に入れることが可能になった今、私たちの周りは常にそういった危険にさらされています