情報操作

情報操作

歴史は、勝者が書き換える。

マスコミ見よる情報操作の例

「朝日新聞社」は、およそ20万人いた女子挺身隊(工場労働者)のことを、「戦地に狩りだされた慰安婦のことである」といった”誤った報道”を長い間行ってきました。
「女子挺身隊」が「慰安婦」と全く別物であることは誰もが知っていることでですが
朝日新聞社だけがそのことを知らずに記事を書いてきたか、意図的に混同させたのか、のどちらかと考えられます。

しかし、朝日新聞の記事が「従軍慰安婦20万人説」の根拠となり、日本の歴史教科書に「従軍慰安婦」が掲載されたり、その後、韓国に飛び火して、反日運動が起こったのです。

従軍慰安婦と聞くと「かわいそうな人たち」をイメージする方も多いのですが、戦争中は慰安行為によって収入を得る女性が多く存在しました。通称「慰安婦」と呼ばれる人たちです。

慰安婦の中には「親に売られてしまった人や借金を背負っていた不幸な人」もいました。
本来望まずにそのような仕事についた人達は、現在日本に謝罪と賠償を求めています。
さらに言えば、問題にされているのが”軍による強制が本当にあったのか?”の部分です。なぜなら彼女達は、慰安所から高額な収入を得ていたことが分かっているからです。
もっと身近なことでは
浮気のアリバイ工作をしている輩で、事実は部下と浮気していたにもかかわらず、友人を巻き込んでのアリバイ工作は明らかに情報を意図的に捜査しているのです。
これ以外にも情報操作は至る所で行われています。

お知らせ
当社は、ご依頼を頂き費用を頂いてからヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。
ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。