心霊調査・心霊現象の解明

岡山・倉敷で心霊調査・心霊現象の解明 

心霊調査・心霊現象の解明

「家鳴りがする・・」「誰もいないのに 誰かに見られているようで怖い・・。」

など、この世の中には理屈や科学では割り切れないものがたくさんあります。また 他の人には見えない

ものが見えたり、声が聞こえてきたりといった現象をとらえる人もいます。最近 これと言って疲れるような

ことをしたわけでもないのに、身体が重たくて仕方がないとか、見えないものが見えるといったことも実際

あるのです。このようなことは、ほかの人には理解してもらえず、苦しい思いや辛い思いをしている人が多

くいます。このようなことでお困りの方はアンバサダー調査事務所へご相談下さい。土地の因縁、今起きて

いる心霊現象・現象の解明、悪徳霊能者の詐欺を暴くなど霊現象の解明を行っていきます。秘密厳守です

ので安心してお電話ください。専門の相談員が対応いたします。

 

 

 

<<心霊調査 岡山県岡山市での心霊調査例  怪奇現象調査>>

<心霊調査ファイル1の調査受件経緯>

相談内容

クライアントかからの相談は転居先は中古の一戸建てリホーム済み物件の異音、怪奇現象というものでご主人から

 

の相談です。床がきしんだり建てつけが悪かったりということはないのに、引越し当時からいろんな”音”がする

 

という現象が現れ始めたらしいのです。誰もいない2階や部屋から「ピキンッ」「ピキンッ」という金属音。気づ

 

くのは全員だが特に奥さん。その御主人やお子さんは「そう?」と初めは気にも留めなかったと言います。

 

彼の奥さんという方は霊感が強い方で、霊視能力があると言っていました。

 

例えば紙に書かれた文字や写真を手にかざしただけで、その人の性格や考えていることを言い当てる

 

といったこともあったそうです。彼女が持つ特異な能力のせいで霊を呼び寄せてしまったのかもしれない・・・

 

と御主人は言ってました。

 

最初はラップ音だけだったのですが、だんだんエスカレートしてきて、数ヶ月後には人の姿までもが視えるように

 

なったらしいのです。廊下で”誰か”とすれ違ったり、自分の隣りに”誰か”が座っていたり…。初めは奥さんが

 

気づくだけだったのですが、全く霊感のない御主人までもが人の姿を見たり、音を聞き始めたりしたという

 

のです。引越して1年位経った頃、御主人がこの状況を何とかしたいと思っていたところに、私どものチラシ

 

を見てまず電話を掛けて来たのが始まりです。落ち着いた中にも、なぜか落ち着きのない様子が電話から

 

伝わってきました。面談が翌日に決まり面談当日、御主人とお会いしましたが顔に生気もなく不自然に思い

 

尋ねてみると、完全な寝不足です。寝不足の理由は、奥さんが連れてきた霊能力者が、早く何とかしないと

 

家族に不幸があるといわれて何度も祈祷したのですが、一行に怪奇現象が収まらなかったので、不安で眠る

 

ことも出来なかったのです。

 

このような心霊現象でお悩みの方は、アンバサダー調査事務所へご相談ください。