自殺の真相

自殺の真相

子供の自殺の裏には「いじめ」あり 岡山 倉敷 津山

昨年10月、同級生からいじめを受けていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自宅マンションから飛び降り自殺した問題で、学校が全校生徒に実施したアンケートに対し、15人の生徒が「自殺の練習をさせられていた」と回答していたことが3日、関係者への取材で分かった。市教委は昨年11月の記者会見でこの事実を明らかにしていなかった。 15人の生徒が回答

「死んだスズメを口の中に入れろと言われていた」

「昼休みに毎日自殺の練習をさせられていた」
男子生徒の両親が今年2月、市や加害生徒3人と保護者を相手取り、約7720万円の損害賠償を求めて大津地裁に提訴。5月の第1回口頭弁論で市はいじめがあったと認めたが、「いじめを苦にしての自殺と断じることはできない」と主張していた。

両親の代理   人はアンケートの回答について、17日に開かれる第   2回口頭弁論に提出する準備書面で主張する。

アンケートは男子生徒の自殺後にいじめについて   実施し、約320人が回答した。15人の生徒は「自殺   の練習とか、トイレで殴られていたとか、死んだスズ   メを口の中に入れろと言われていた」「何回も自殺の   練習をさせられていた。先生に相談したけど何もして   くれなかった」などと回答。

「昼休みに毎日自殺の練   習をさせられていた」「がんの友達に自分の命をあげ   るなどと言っていたらしい」との回答もあった。 また、13人が「友達なのにお金を恐喝されていた」   「脅して銀行の番号を聞き出し、その銀行からとった   お金を使っていた」と回答、15人が「万引きを強要さ   れていた」と書いた。

男子生徒は昨年10月11日朝、自宅マンション敷   地内で倒れているのが発見され、滋賀県警大津署が   自殺と断定した。学校側は当初「いじめは把握してい   ない」としていたが、全校生徒へのアンケートでいじ   めの事実が判明した。

これまでに明らかになったのは、「ヘッドロックをかける」「トレーニングと称して押さえ込む」「毎日のよう   にズボンをずらす」「蜂の死骸を食べさせようとする」   などで、担任が目撃していたが、軽い注意にとどまっ   ていた。   この様に、自殺で子供を失ってしまったら自殺の真   相を追及するぐらいしか残されたものにはできること   がありません。自殺の真相を追求することで感情をコ   ントロールし、前向きな人生を歩んでいただきたいと   思います。