セクスト-ション

セクスト-ション

「セクストーション」とはsex(性的な)とextortion(脅迫)から組み合わせた「性的な脅迫」を意味する言葉です。 このセクストーションの問題が増えています。若い女性だけではなく、男性にも起こっています。 セクストーションは、SNSや出会い系サイトを通じて知り合った相手から行われるケースが多く、男女年齢に関係なく被害が増えています。不倫相手から脅迫されることもあります。 セクストーションと言えば、女性だけが陥るイメージがありますが、男性の被害者も増えています。 スマートフォンの普及から、いつでも誰とでも、どこに居てもつながることが可能です。 スマートフォンにダウンロードされたアプリから、電話帳機能が乗っ取られたり、画像や映像を取られることも可能になります。 また、SNSなどのインターネットを使ったプライベート画像のやり取りはセクストーションを行う上での良いネタになります。 個人が特定された状態でのセクストーションは、プライベート画像を貴方の電話帳機能に登録された人物に送り付けられることも想定しなければなりません。 身近な人物にプライベート画像を流される恐怖は、人生を大きく変える恐怖につながります。 インターネットやメールのやり取りの中でアプリをインストールすることで携帯電話の電話帳機能を取られてしまうことも起こっています。アプリケーションをインストールする際は、信頼できるサイトから行うように注意しましょう。 元交際相手の裸の写真などをツイッターに掲載したとして、神奈川県警は11日、リベンジポルノ防止法違反の疑いで鳥取県境港市外江町、無職東賢一容疑者(39)を再逮捕した。容疑を認めている。県警によると、インターネット上での性的な写真掲載に同法を適用するのは全国初という。 逮捕容疑は1月2日、元交際相手の神奈川県に住む20代女性の裸の写真など計10枚を、ツイッターに掲載した疑い。 東容疑者は約2年前まで、半年ほど女性と交際。その後も復縁を迫り、無視された結果、交際中に撮影するなどした写真を掲載した。女性は、同性の友人に指摘されて初めて掲載に気付いたという。 県警は、同法施行前の昨年12月にも女性の裸の写真1枚を同じように掲載したとして、今年2月に脅迫などの容疑で東容疑者を逮捕していた。