嫌がらせ対策 最近の傾向

嫌がらせ対策 最近の傾向

 

最近、嫌がらせ犯人と会話をする機会がありました。

結論から言うと、話し合いで解る相手ではないことに気が付きました。育った環境、宗教などははるかに超えた違いを感じるとともに、通常的な考えではとても彼らを図れないことと、当事者が対応する危険さが改めて感じることとなりました。

 過度の攻撃性

嫌がらせだけでは済まずに、対象者の家に放火しそうな勢いです。どんな話をしても攻撃的な対ぢ化とることができない相手でした。家の中のものを投げ   つけてくることもありました。

当然そんな人なので、まともなコミニケーションは期待できず、話し合いを持とうとしたのですができませんでした。クライアントは当社に依頼する前に話し合いをしようと試みたそうですが警察を呼ばれて住居侵入だと言いがかりをつけられたそうです。次の日からの嫌がらせは、クライアントの敷地内に家庭ごみを散乱さすというようにひどくなったのです。

こんな状況では警察に通報するのも怖くなり当社に相談に来たのです。

この後どうなったのかと言うと、めでたく解決することができました。どんな状況でもあきらめないことが重要です。

 

嫌がらせで困っている方はまず、加害者の接点を持たないことを進めます。当社へ相談ください力になります。

 

嫌がらせを解決

岡山の探偵

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099