情報漏洩事件

情報漏洩事件

約4万人分の顧客情報紛失 磁気テープ2本 ○○生命
 ○○生命保険は13日、顧客情報を収めた記憶媒体(磁気テープ)2本を紛失したと発表した。保険金や給付金の請求に関する書類を画像で収録したデータで、顧客の氏名、住所、生年月日や医療情報が含まれていた。紛失した情報は被保険者ベースで3万9585人分に上る。
紛失した記憶媒体はバックアップ用で、2012年10月25日から同年11月16日までに支払いを請求した契約者の情報が入っていた。子会社を通じて管理していたが、今年2月の定期点検で所在不明になっていることが判明した。
○○生命は、現時点では社外に持ち出された形跡はなく、「不正利用の事実は確認されていない」と説明している。 

患者1628人の情報紛失 医師、通勤電車に-がん研○○病院


がん研究会○○病院(○○都○○区)は6日、消化器外科の30代の女性医師が、2005~12年に同病院に入院した胃がん患者1628人分の名前や症状などの情報が入った外付けハードディスクを紛失したと発表した。
○○病院によると、医師は5日早朝、通勤中のゆりかもめ線有明駅で下車する際、座席の上にディスクが入った手提げバッグを置き忘れた。ディスクには患者の名前や手術日などのデータが入っていた。パスワードを知らないと閲覧できないという。病院は医師の処分を検討している。