ロリコン教師

ロリコン教師

ロリコンは教師だけでなく塾講師にもいます。子供を物色するにはもってこいの職場なのでしょう。
 最近、教師の不祥事が目に余る。ニュースをテレビをつけて見ていると毎日のように報じられている。

和歌山市立の小学校教諭(25)が女児の着替えを盗撮して警察に逮捕された。教師によるわいせつ事件が後を絶たない。

文科省によれば、2013年度にわいせつ行為で処分された公立学校教員は、過去最多の205人。1977年度の調査開始以来、初めて200人を突破した。年齢別では、20代が54人、30代が52人、40代が43人、50代以上が56人。

行為の内訳は多い順に、体に触る、盗撮・のぞき、性交、接吻と続く。特に問題なのが、205人のうち、自校の児童、生徒を相手にした事例が93人にも上ることだ。

ロリコン教師

残念ながら小学校、中学校は、ロリコン教師としてはまさに天国と言った環境で、性的発散を好き勝手にできてしまう場所です。私の子供の学校でも、必要も無いのに体操着や水着への着替えをさせる、といった教師が問題視されたり、女子高校生と交際していることがありました。また女性議員の不倫間あり乱れた性生活を、子供たちに教えてくれたものです。

こうした行為は問題として発覚しづらい面もあり、処分は氷山の一角と私は考えています。

また今回発表された205人の教員は全員男性だったが、実は女性教員によるわいせつ事件パワハラ事件も多いという。

30代、40代の独身女性の教諭が、中学校の男子生徒と関係を持つケースが想像以上に多い。生徒が訴えなければ表面化せず、プライバシー上、生徒を問い詰めることも難しく発覚しにくい。

LINEなどで連絡を取り合う間に、不適切な関係となるケースが増えており、今年1月、埼玉県教委は各県立高校に教員と生徒の間でメールやLINEでのやり取りを禁止する通知を出した。

子ども達の多くがLINEを使います。一方、今では50代もLINEを使い、しかもスタンプまで上手に使いこなす。子どもは同じツールを使う大人に対して、より親近感を持ってしまう傾向があるようです

教員採用の現場では“ロリコン教師”が教育の場に入ってくることへの危機感が高まっており、何らかの形でフィルターをかけたいが、思うように対策が進んでいない。

子供だけでなく父兄トの親密な関係も困ったことである