離婚の慰謝料

離婚の慰謝料

離婚の慰謝料って実際どのくらい

慰謝料はいくらでしたか

離婚経験のある30代~40代男性30名を対象にアンケート調査を実施し結果を発表した。

慰謝料の金額は、200万円前後が最多

アンケートの結果、離婚をした際の慰謝料の金額で一番多かった価格帯は200万円以上~300万円未満。その中でも200万円との回答が目立った。1,000万円以上の人が4名おり、うち2名が1,500万円と回答した。

年収の20%~40%の比率が多い

慰謝料と個人年収の比率

慰謝料の金額と、支払った(ている)男性の個人年収とを比較すると、大体が年収の20%~40%の金額ということがわかった。特に多かったのが20%と30%で同数。100%以上との回答も見られ、最高値は170%、年収850万で1,500万円を支払ったケースだった。

一括払い」が7割以上

支払い方法について

慰謝料をどのように支払っているのか?という質問に対しては、「一括払い」との回答が73%にのぼった。分割の場合は、10~20回というケースが多く、約1年で支払いを終えていることがわかった。

また、子供の有無と慰謝料の金額について、離婚時に子供がいた人の慰謝料平均は607万円、子供がいない人の慰謝料平均は267万円だった。

慰謝料の相場

慰謝料と聞くと数千万円または何億という金額を出してもらうという考え方の人がいますがそれは一部の人であって、実際は1千万を超えるのは難しいと思われます。
性格の不一致に関しての離婚原因などでは貰う事は出来ず、不貞行為(浮気)などの離婚原因がはっきりしないと発生しません。離婚原因なく、手切れ金として貰えるかどうかは相手の性格や経済状況などによって大きく変わってきますので、きちんと取り決めをしておく必要があるのです。