横領・背任 従業員のトラブル解決

横領・背任 従業員のトラブル解決

背任罪との区別 他人の物を本人の委託に基づいて占有する者が、図利加害目的で任務に背き本人に財産上の損害を与えた場合、横領罪と背任罪のいずれが成立するのかという問題が生じる。

両罪の区別については、越権の有無で区別する見解や、領得行為の有無で区別する見解などがある。また、最近は横領罪は背任罪に対して特別法の関係に立つとして、横領罪の成否によって区別することが必要であり、かつ、それで十分であるとする見解が有力である。従業員の横領・背任は放置しておくと問題が悪化し経営にも重大な支障をおこします。

横領・背任の解決は当社へお任せください。

  横領 犯罪トラブル回避 単純横領罪(刑法252条) 自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。 自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。  業務上横領罪(刑法253条) 業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。  遺失物等横領罪(刑法254条) 遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

心無いものはこの様なことを、罪悪感も感じず、してしまうことがあります。適切な対応が必要となります。そう感じたらご相談ください。

横領・背任 従業員のトラブル解決なら

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099