ストーカー男の思い

ストーカー男の思い

逮捕の男「あの世で一緒に暮らせると思い」
大阪市の路上で、38歳の女性が刃物で刺され、殺害された事件。警察は2日夜、57歳の男を殺人の疑いで逮捕した。
男は、女性にストーカー行為をして、警察から警告を受けていた。
女性は、○○市○○区の路上の植え込みに、あおむけの状態で倒れていた。
腹には刃物が刺さっていて、現場にはまだ新しい血の跡が残っている。
2日午前2時20分ごろ、○○市○○区の路上で、飲食店の従業員・○○○○さん(38)が殺害された。
事件現場周辺に住む人は「彼氏と彼女がけんかしているみたいな感じだったんですけど、大きな声で叫んでいたので。『警察行くわー』とか、なんか言っていたみたいで」と話した。
○○府警は夕方、殺人の疑いで、○○さんが勤めていた店の客で、無職の○○ ○○容疑者(57)を逮捕した。
容疑を認め、「○○さんのことが好きでした。このままであれば会うこともできない。自分も死んだら、あの世で一緒に暮らせると思い、殺した」と供述しているという○○容疑者。
○○さんに一方的に好意を寄せ、2014年2月末には、店を出入り禁止になったという。
○○容疑者を知る人は「しつこい感じ。女性に対してすごく執着があるような感じ」と話した。
○○さんから相談を受けていたバーの店主は「ストーカーの話は、チョロチョロは聞いていたんですけど、付きまとわれているみたいな感じで言ってたんで」と話した。
その後、○○容疑者は、「出入り禁止、気分悪いわ。殺される前に警察に電話してや」などという殺意をほのめかすメールを、○○さんに送りつけていたという。
○○さんは3月2日に警察を訪れ、ストーカー被害について相談。
警察はその日のうちに、松本容疑者に口頭で注意をしていた。
しかし、その後もメールが送りつけられたため、今度は○○容疑者を呼び出し、文書で警告。
○○容疑者を知る人は「ストーカーの相手から、警察に届けられて、それで『来なさい』って言われたから、『今から行ってきます』と言って。『電話したらいけません』、『近く行ったらいけません』っていうことを言われたっていうことだけはお聞きしました」と話した。
4月2日、警察が○○さんに連絡をしたところ、○○さんは「何もないです」と報告していたという。
そして2日、警察が月に1度の連絡を○○さんに取る予定だったその日に、事件は起きた。
今回の事件について、大阪府警は、「警察として、取り得る措置は取っていたところであるが、残念である」とコメントしている。
2013年、全国の警察が把握したストーカー被害は2万1,089件で、2年連続で過去最多を更新。