岡山市探偵興信所調査依頼事例

岡山市探偵興信所調査依頼事例

 

岡山市 妻の浮気調査依頼例

実際に女性の社会進出と同時に男性からの浮気調査依頼は明らかに増えてきています。

かつては、不倫や浮気といえば夫のものというイメージだったが、不倫が発覚して離婚に至ったケースのように、妻の不倫・浮気も増えています。

そして、不倫がバレるきっかけにもパターンがあるという。

男性は、奥さんが携帯電話をコソコソ持ち歩くようになったとか、までと同じ職場なのに急に帰りが遅くなったとか、化粧や洋服が派手になったりして、おかしいと疑うようになるのです。
それだけわかりやすい変化があれば、疑われるのは当然のようにも思えますよね。

一般的には、男性に比べると、女性はとにかく念入りで慎重な行動をとるケースが多いようにも思えますが。女性はよく『まさか夫がそこまで私の行動を見ていたとは』と言います。

女性は、隠すのがうまい。

でも、夫とはセックスレスだから、私のことなんて見てないだろう、関心もないだろうという油断と諦めもあるので、やがて隠すことすらしなくなるんですね。

それで、Facebookやツイッターなどに赤裸々に書き込んでしまったりして、自爆してしまうケースも・・・髪形やネイルの変化にも気づかない夫。

でも、妻から伝わる異変には敏感に反応しているのかもしれないです。男性の場合、浮気をしていても妻とセックスをする人が多いですが、女性の場合は、途端に夫とのセックスを拒むようになります。

だから夫は『これはおかしいぞ』と思って、携帯を見たりパソコンの履歴を調べたり…といったことをした末に、依頼に来られるかたが多いですね。そして、ひとたびプロに浮気調査を依頼されて尾行や張り込みをされたら最後、決定的な写真を撮られてしまうでしょう。

 

岡山市内 社内調査依頼例

ある大手企業の支店では、中途入社した30歳男性が「余裕のある仕事ぶり」に反発し、モーレツな働き方で周囲のヒンシュクを買っているという。

しかし会社としては、頑張りが結果につながることも期待しており、その狭間で頭を悩ませている。

同僚たちは「ワークライフバランスを欠いた働き方じゃ持たない・・・」

大手メーカーの支店で総務を担当しています。弊社ではコンプライアンスを重視し、残業時間を1分単位で集計しています。ところが最近入社してきた中途入社のAさんが、集計用のシステムを適当に操作して時間外労働をつけずに仕事をしています。

Aさんは30歳で中堅メーカーからこの春転職してきたのですが、営業部に配属されて数日経ったころから会社の不満を公言するようになりました。
「いやあ、やっぱ大手はぬるい。マジぬるすぎる! 大した仕事もしてないくせに、偉そうにふんぞり返ってさ。こんなことだから会社が傾くんだよなあ。下請けとか非正規とかを安く使ってるんだから、ノウノウと残業代なんか貰ってられませんよ!」

と聞こえよがしに言っています。仕事ぶりはモーレツで、朝は始業前から夜も遅くまで精力的に仕事をしています。

・・・そんな事を言われるような仕事ぶりなら、仕方ないのでは?

過去の営業企画書をあさっては、自分なりにアレンジして客先に提案を積極的にかけており、その甲斐あってか彼の担当顧客からは、問い合わせや引き合いが増えているそうです。上司は「あいつ、いきなり営業トップ取るかもな」とつぶやいていました。
・・・頑張った結果です。
しかし同僚たちは冷ややかで、「あれじゃ“ひとりブラック労働”だよ」「ワークライフバランスを欠いた働き方じゃ持たないよね」などと陰口を言っています。それはAさんの耳にも入っているようですが、
「大して働きもしないくせに、給料が少ないだの結婚できないだの、情けない話だわ。早く帰って家で何してるの? どうせ大したこともしてないくせに」

・・・価値観の違いです。

と聞く耳を持ちません。周囲との調和はともかく、労働時間の管理はちゃんとしてもらわないと本社から叱られてしまいます。しかし仕事を制限すると、支店の売上を抑えてしまうことにもなります…。

 

会社にとって、どちらの人間が必要だと思いますか?

答えは明らかだと思います。

 

岡山県岡山市での浮気調査依頼

 

岡山市の繁華街 田町、中央町での浮気調査は頻繁に入る調査です。やはり土地勘と知人がいないとこんなとなることが多くあります。

浮気場所はラブホテルばかりでなく店内と言うこともあるのです。

 

探偵 岡山市 探偵社アンバサダー調査事務所岡山 興信所