岡山県探偵興信所調査依頼事例

岡山県 探偵 興信所 調査依頼事例

 

浮気調査を岡山県で調査依頼をするなら

 

調査契約完了後、調査開始が基本です。

浮気調査を依頼する方は、電話でアポイントを取ってください。面談、打ち合わせの上、「調査契約書」にて契約完了の上調査を開始します。この契約時には、探偵業法(H19.6施行)による「重要事項の説明」もあわせて行っています。遠方にお住まいの方は、電話にて打ち合わせを行い、直接訪問か来社していただくかなどの方法でで、契約を行います。

必ずアポイント取ってください。

浮気調査の調査責任者は、面談やご相談の対応、遂行中の調査中、調査報告書の作成など急な対応ができない場合がありますので、原則として必ずアポイント約を取って下さい。

即日対応の場合(浮気調査)

浮気調査では、調査員の人員調査機材や調査場所など下調べを行うことが通常です。打ち合わせ調査段取りができる時間を考慮してください。
ご新規の方探偵業法(H19.6施行)によって、事前に「ご調査契約」や「重要事項説明」をする必要がありますので、お申込金(調査料金概算より算出)と認印、下記の浮気調査に最低限必要なものをご持参の上で、面談に来てください。

私どものクライアントの方

継続調査依頼を希望のクライアントは調査御契約書の締結があるクライアントの方は、お電話で調査依頼の連絡をください、また即日調査の際は、早めにご連絡下さい。

 

県外からに浮気調査依頼の方

調査をするには契約が必要となります。契約締結後着手となります。

 

 

岡山県 調査依頼例 内部告発を代行

内部告発とは、組織内での各行動は、通常外部からは不透明なものであり、そこでもし不正や悪事などを働いていたとしても、それを外部の者が認識する事は困難である。つまり、外部からは見えにくく、不正や悪事をしても隠し通しやすい。しかし、その組織内部に所属している者(あるいは所属していた者)であれば、そのような行為を容易く認識する事ができる場合がある。そして、それを認識した組織内の者が何らかの要因により外部へ通知、つまり内部告発することで、外部からは見えなかった組織内での不正や悪事が暴かれるのである。 利益を求める集団などはその活動が行き過ぎると不正、悪事を働くことに結びつきやすい。これら組織が不正・悪事を働くことは、国家・国民・消費者に対する重大な犯罪行為であると言え、内部告発がそれを正す行為であることは明白であり、組織をより健全な活動へ修正するためには必須のものであると言える。 このように、内部告発は組織犯罪などの不正行為を摘発するためには、非常に重要な意味を持った行為と言えるのです。

しかし重要なことは内部告発のリスク回避をすることです。そのようなときには当社は力になります。

 

岡山県 社内調査依頼例

リホームカ会社の社長からの依頼で、社員の行動調査の依頼です。売り上げが急に落ちたのです。具体的にどのくらい売上金額が落ちたかはあえて書くことができませんが、社長の読みと一致しました。売り上げをごまかしていました。 契約書、印鑑偽造など様々な不正をして会社に入金しないように細工をしていました。

当然証拠をそろえ、不正に得た金額の返金をした上に解雇しました。

当社ではあらゆる企業のトラブルに対応できる探偵社です。企業トラブルの解決を考えているなら当社に相談ください。

 

探偵 岡山県 探偵社アンバサダー調査事務所岡山 興信所