ストーカー対策 岡山

ストーカー対策 岡山

 

チョコ偽り「排泄物」贈ったストーカー

約40年前に交際していた女性に対し、自分の排泄(はいせつ)物を送りつけたなどとして、京都府警○○署は2月末、ストーカー規制法違反容疑で大阪府高石市○○の無職、○○容疑者を逮捕した。その後の調べで、女性と別れてから約20年たって突然連絡を取り、執拗(しつよう)に無言電話や大量の届け物などの嫌がらせを繰り返していたことも明らかになった。

妻子ある身の○○容疑者が、淡い思い出を共有するかつての恋人にストーカー行為を重ね、ついには汚物を送りつける奇行、ストーカー行為に及んだ。

今年1月下旬、京都府○○市の無職女性(61)宅に女性宛ての小型小包が届いた。

中身は品名欄には「チョコ」の文字。女性が不思議に思って小包を開けると、排泄物が姿を現した。

さらに、約1週間後の2月上旬、再び小包が女性宅に届く。また排泄物が入っていた。

2回ともだいたい、大人の“1回分”くらいの分量だったとのこと。

実は女性には送り主に心当たりがあった。 年賀状の一通に不自然なものがあった。そこで浮上した○○容疑者の自宅を訪れた捜査員に対し「自分の大便を送りました」と容疑を認めたそうである。また約20年間にわたって執拗にストーカー行為を繰り返していたことが明らかになった。

 当社への相談でも、汚物、排泄物を家に投げ込まれたりの相談は、年に数回ある案件です。

 

この様なことで悩んでる方は当社へ相談ください。貴方の力になります。