誇大広告 詐欺

誇大広告 詐欺

必ずということは物理的にあり得ないのです。

TVで毎日のように問いただされている詐欺被害に我々は警察すら動いてくれないトラブルにクライアントの皆様と一緒に立ち向かい多くのトラブルをこの手で解決してきました。

犯罪になりそうなトラブルごとについても解決してきました。事件にはなっていないけど不安だ怖いそういうことは生きている限り付きまといます。
催眠療法で必ず病気が治るなどの宣伝文句が誇大広告にあたるとして、83歳の男が逮捕された。男は、逮捕前日も、「スーパーテクニック」と称する、その施術について語っていた。

真っ赤なシャツに、ピンクのベストを羽織っているのは、20日に逮捕された自称セラピストの北野正治容疑者(83)。

待ち受けていたカメラに、ピースサインをしてみせる余裕も見せた。

北野容疑者は、インターネットのウェブサイト上に、自身が行う催眠療法で「うつ病などを必ず改善できる」などと、誇大な広告を出した特定商取引法違反の疑いが持たれている。

北野容疑者が催眠療法を行っていたのは、愛知・名古屋市にあるマンションの一室。

外の看板には、「スーパーテクニック催眠」とのうたい文句が書かれていた。

19日、取材のため、客を装って訪れたFNNの記者に対し、北野容疑者は「(『スーパーテクニック催眠』と書かれているが?)はいはいはい、ちょっと今やめていますが、よかったら、(治療を)やってあげますが。(『スーパーテクニック』というのは、これで治る?)うん、催眠術かけて治る」と話した。

催眠術をかけ、病気を治すと話す北野容疑者。

北野容疑者は「目の形はいいけどね、眼振とう、黒まなこがね、ちょっと忙しく動いている。眼球が異常運動している。黒まなこが、クックックって、忙しく動いているわけよ」と話した。

プロフィールによると、施術歴は40年以上で、治療例は3,000人以上とも。

一方で、その料金は、具体的に書かれていない。

料金については当初、「気持ちでいい」と話していたが、北野容疑者は「1時間ぐらいで、お金2万円くらいでどうだろう? 昔の半額以下だけど」と話した。

北野容疑者は、ネット上の広告について、誤解はさせていないなどと、容疑を否認しているという。