背任容疑で近く刑事告訴

背任容疑で近く刑事告訴

2億円着服の50歳男性元社員を懲戒解雇

 

東レは13日、男性元社員(50)が外注先との取引で不正行為を行い、2億円を着服したとして、12日付で懲戒解雇したと発表した。背任容疑で近く刑事告訴する。

同社によると、医療機器の販売促進業務を担当していた元社員は2000年から14年まで、パンフレットや製品サンプルなどの架空発注を繰り返し、発注先から代金の一部を還流させていた。元社員は社内調査に対し「生活費や遊ぶ金、外注先の運転資金などに使った」と話しているという。同僚の告発を受け、14年10月から社内調査を進めていた。

社内の管理体制に問題がなかったかや外部の協力者の有無について今後も調査を続け、不正行為の全容が判明した段階で、他の社内関係者も処分する。

東レは「不正行為の発生を厳粛に受け止め、再発防止に全力で取り組む」とのコメントを発表した。

信頼していたはずの部下が信頼できなくなるといったこのような状況は避けたいものですが、そのような苦い経験をした方は実際には多くいらっしゃいます。きちんと仕事をしていると思っていたら、じつは、外出先で不審な行動をしていたり、顧客との過度な付き合いがあったり、社内の不正や横領などが管理者の目の届かないところで現実に大なり小なり行われています。現金や商品の横領、社員の不審な行動は貴社に大きな損害をもたらします。