配偶者の価値

配偶者の価値

こんな記事がありました

配偶者の価値を金額で表わすと、妻は9794万円、夫は7436万円


配偶者の価値を金額で表すと、妻9,794万円、夫7,436万円と2,358万円(前年調査1,155万円)も妻の価値が高い事が分かった。

 来店型保険ショップ『保険クリニック』を運営するアイリックコーポレーションは、父の日を前に夫婦の価値に関する調査を20歳~60歳までの既婚者、男性300名、女性300名を対象として、2014年6月に実施した。配偶者の価値を金額で表すと、今年も夫の値段は暴落しており、妻よりも夫が2000万円安くなるという結果になった。

配偶者の価値を金額にすると

 配偶者の価値を金額で表すと、妻9,794万円、夫7,436万円と2,358万円(前年調査1,155万円)も妻の価値が高い事が分かった。前年調査よりもさらに1,000万円以上の差が開いた事になる。0~2,999万円までで約44%に達する夫の金額に比べ、妻は約42%と全体的に妻の方が夫より価値が高いと評価されている現状が伺える。1997年以降、専業主婦の世帯より共働き世帯が多くなっていることも妻の価値を上げる原因となっていると言えそうだ。また、最近の好景気感により全体的に金額が高くなる傾向が見られた。

 

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、リベンジポルノ被害(画像恐喝・ハメ撮り恐喝)、DV(暴言・暴力)など様々な問題を抱えられています。