内部告発 情報源

内部告発 情報源

談合事件の新聞報道をめぐる名誉毀損(きそん)訴訟で、訴えられた○○新聞社が捜査幹部の実名を挙げて取材源を明らかにしたことが判明し、議論を呼んでいる。「取材源の秘匿」は、日本新聞協会の見解や最高裁決定でも重要性が認められた報道の大原則だ。有識者からは報道倫理の観点から日経側の対応に批判が集まる一方、報道機関が取材源を明示しなければ敗訴するケースも多い名誉毀損訴訟の立証のあり方にも疑問の声が上がる。

上記のように、正義のためにしたことも、仇になって帰ってくることもある。

内部告発も十分に注意して行わないと、名誉棄損などの罪に問われたり、証拠収集、方法を間違えると情報提供者を窮地に追い込んでしまうことがある。

証拠の利用方法と入手方法

証拠を持って、勝つには証拠の入手方法から考えて調査を考えて行う必要がある。その上で証拠の利用方法を考えて戦う必要がある。証拠はあるだけで勝てるわけはない。

証拠の入手方法は、当然違法なことでの入手は利用方法に制限が出る。証拠の利用方法次第では、相手を完璧に叩きのめすことが可能となります。

当社では、調査開始時に、証拠調査士とともに調査を開始することも可能です。 調査を依頼するということは、ただ知りたいだけの人は少ないのは探偵を長くしているとわかります。目的を持っての調査を依頼するなら、探偵社選びは十分に検討することを進めます。必要な情報を有効に集めるには、十分な経験とノウハウが必要です。その様なときには、岡山・倉敷の探偵アンバサダー調査事務所に相談ください。貴方の力になります。

岡山・倉敷 探偵

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

 

 

浮気調査 岡山 男女 トラブル 盗聴 電磁波 脅迫