ストカー対策・対応 岡山 倉敷 津山 自己責任

スト―カー対策,対応 岡山,倉敷,津山

自己責任

ストーカー殺人事件で、直前に相談を受けながら対応を先送りし、遺族から「第三者による調査」を求められている警察は、内部機関の監察官室が調査に当たっている。

遺族の一部は「嘘つきが嘘つきを調べても嘘の結果しか出てこない」と強硬に第三者の調査を求め、内部調査なら結果の受け取り拒否も辞さない姿勢を見せている。

しかし警察は、これまで警察内部の問題を第三者委員会が調査した前例がないことや、調査の際に捜査情報に接することなどから、「第三者による調査は難しい」と内部調査にこだわっている。県警幹部は「メンツにかけてもしっかりやる」と自浄能力を示したい考えで、客観性や中立性を守るため、外部有識者からなる県公安委員会へ逐一報告しているという。

平成11年の神奈川県警による現職警察官の覚醒剤使用もみ消し事件は、警察改革の一因となるなど大きな問題となったが、このときでさえ調査は警察庁による特別監察にとどまった。

警察幹部は「嘘をついても得をしない」と調査の信頼性を強調するが、外部の厳しい検証に耐えうる回答を出せるのか注目されるとされているが、やはり自分の身は自分で守るには自己責任でするしかない。

なぜなら、命を失ってからでは何の手の打ちようもない上、もう少し早く対応してくれたならと思っても命は帰ってくるものではない。

 

あらゆるトラブルに悩まされている方は、当社へ相談ください。あなたの力になります。

 

ストーカー、近隣トラブル解決なら

岡山 探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

トラブル 相談  盗聴 大阪  電磁波 大阪  美人局