依存症トラブル

依存症トラブル

固執が引き起こした事件です。一般的には嗜癖とも呼ばれる。アルコール中毒、薬物中毒のように、中毒と呼ばれることも多いが、現在医学用語として使われる物質の毒性に対する急性中毒、慢性中毒は、依存症とは異なる。

渇望が生じている状態を「依存が形成された」と言う。依存は、物質への依存、過食症、ニコチン依存症やアルコール依存症といった薬物依存症、過程への依存ギャンブル依存症、インターネット依存症、借金依存症、人間関係や関係への依存(共依存、恋愛依存症、依存性パーソナリティ障害など)があり、重大な精神疾患にいたるケースもある。
母親刺した容疑で逮捕の少女
母親を包丁で刺した疑いで逮捕された19歳の少女は「警察に捕まってもいい。スマホを隠されて殺すつもりで刺した」と話している。

逮捕された19歳の少女は、自宅1階の居間で50歳の母親の肩や背中を包丁で刺して殺そうとした殺人未遂の疑いがもたれています。母親は病院で手当てを受けていますが、意識があり命に別状はないということです。

びっくりした。少女はやんちゃな子ではない。事件を起こす雰囲気を見たことはないとの証言もある。

犯行後、少女は自分から別のスマートフォンで警察に通報し、その後、逮捕されました。少女は母親の再婚相手の次女で、取り調べに対し昔から大嫌いだった。スマホを隠されて口論になり、逮捕されてもいいから殺すつもりで刺したなどと話しているということです。

基本的に固執がひどい場合何を言っても受け入れることができないのです。