色ボケ元高校教師

色ボケ元高校教師

 

あきれる勘違い

 

「特別扱いのような言動も、いわゆる『リップサービス』で被害者に落ち度も悪意もない」

 

無店舗型風俗店のデリバリーヘルス(デリヘル)で働く女性に、「風俗店勤務していたことを元夫にばらす」「元夫に裸の写真を見せる」などと脅したとして、脅迫罪に問われた兵庫県たつの市、元県立高校教師の男(67)の判決公判で、神戸地裁は昨年11月22日、男の“勘違い”をこう断罪した。

 

女性へのプレゼントに100万円をつぎ込み、店を通さずに会えることを得意げに感じていた男。結局は女性にふられてしまい、逆恨みして「リベンジポルノ 」に及ぼうとした。かつては教壇に立ち英語を教えていた男は、法廷で被告人として、勘違いからストーカー行為に至ったいきさつを赤裸々に打ち明けた。

 

「別料金なく本番」を自慢

 

検察側の冒頭陳述などによると、男は平成24年11月、妻に先立たれた。その寂しさを埋めるため、風俗店を利用するようになり、翌12月に被害者の女性と出会ったという。

 

「顔の好みがタイプだった」ことから、女性を何度も指名。そのうちに、デリヘルを介さずに逢瀬を重ねるようになった。このときの様子を、男は法廷で「別料金なく、本番(セックス)をさせてくれた」と語った。

女性を脅迫する際に使った裸の写真を撮影したときのことを「恋愛感情はなかったが『会えないときに見たい』と伝えたら、すんなりとOKをもらった」と少し自慢げに供述した。

 

また、女性から「主人と別れ、家計が苦しい」と打ち明けられると、100万円分の金品をプレゼントし、デリヘルを辞めて別の仕事に就いたと聞いたときには、お祝いとして20万円を渡したことも明らかにした。

 

 例のごとく裏切られてストーカーに

 

しかし、こうした特別扱いも長くは続かなかった。昨年7月に、女性からメールでこう打ち明けられたからだ。

 

「特別扱いは全部うそで、関係を清算したい。本当は抱かれたくなく、キスは苦痛だった」

 

男はこのメールを読んで激怒。「けじめとして20万円を返せ。だましたことを謝れ」と返信したが、女性からの連絡はなかった。

不満を募らせた男は同8月8日、「ひどい扱いを受けてきた僕の苦しみを、少しでも味わってもらう。裸の写真をだんなさんに送る」「知人かだんなさんに(風俗店勤務を)話そうと思っている」などとリベンジポルノを仕掛けるようなメールを送信。さらに「同じ内容のビラを、近隣住民の家のポストに入れる」と書いた脅迫文を8回にわたって、送付した。