子供のいじめ対応 子供のいじめ問題解決 

子供のいじめ対応 

子供のいじめ問題解決

 

大人がいじめにあっている場合と子供がいじめにあっている場合では、「いじめ対策」「いじめ解決」のアプローチの仕方が全く違ってきます。また大人が子供を「いじめている場合」虐待も対処方法が違ってきます。

 

子供同士のいじめの場合

周りの大人の対応が最も重要になってきます。なぜなら子供では虐めの対応が出来ないのが当たり前のことだからです。子供は通常親の悲しむ顔を見たくないため、苛めを隠してしまう傾向があるからです。

また現在に子供は、極端に仲間外れを嫌がることも覚えておく必要があるでしょう。

この仲間はずれになりたくないという子供の考えが、あらゆるところで問題解決の障害となることが多いのです。

まず、事実確認をとることが非常に困難なこととなり真実、証拠の入手が大変なこととなります。 いじめの事実を大人に話したことがばれると、仲間はずれにされると感じ、ほとんどの子供は口を閉ざしてしまいます。現に子供社会と大人社会には見えない壁が存在するのです。

いじめの事実、いじめの証拠の入手に時間や労力が必要となり、問題の解決に時間がかかってしまいます。

 

お分かりでしょうが、子供のいじめを解決するには、大人と同じように証拠を必要炉考えて動くほうが得策でしょう。なぜならいじめた相手がいるからです何の証拠もなく相手を責めても話がこじれてしまうだけです。

 

子供のいじめでお困りの方は当社にご相談ください。あなたの力になります。

 

 

いじめ解決なら

岡山の探偵社 アンバサダー調査事務所

談ダイヤル 086-226-1099