行方調査 家出調査

行方調査 家出調査

岡山 倉敷 津山

早期発見に必要なことは、早期に「行方調査」、「家出調査」に着手することです。

不明になった女子中学生が、2年ぶりに保護されたことがあります。

日本国内にはどれだけ行方不明者がいるのか。見つかるケースはどれだけあるのか気になるところです。

行方不明者年間8万人

2014年のデータ

行方不明者 「平成26年中における行方不明者の状況」(警察庁)のデータ
年間8万人が行方不明になっているとのことです。

警察庁の資料「平成26年中における行方不明者の状況」の2014年のデータを見る。1年間で8万1193人の「行方不明者届」があった一方で、それまでに届けが出ていた人のうち、7万9269人が見つかった内4115人の死亡確認を含む。

行方不明後1週間以内の発見が70%
行方不明者の大部分は、すぐに居場所が判明する。見つかった7万9269人のうち、届け出当日に行方がわかったケースが32.9%。1週間以内で、70.2%にもなる。この数字が行方調査がいかに早期に着手することが有効であることが分かる。手掛かりは、行方不明になってすぐなら残っている可能性が高い。
行方不明者の内訳

男性65%、女性35%。年代別にみると10代が21.9%で最多。

 

家族トラブルは、遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか。そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。