岡山/倉敷/家出調査

岡山/倉敷/家出調査

 

 

最近の家出調査の傾向として親族と口論になり家を飛び出してしまい、そのまま行方が全く掴めない状況となり、何者かの手によって帰ってこないという深刻な事態に繋がる例が多々あります。

 

失踪は、自ら行方をくらましてしまい、行方がつかめない状況を言いますが、現在としての傾向は 病気などの悩みによるによる失踪・行方不明が増えてきています。
高齢者の方の認知症等による失踪や社会的に増加傾向のうつ病等の精神的な病気による失踪・行方不明は、社会問題ともいえるでしょう。私たちの過去の経験からいうと、そのような失踪は、生死に関わる場合があるので一刻も早い相談をお勧めします

 

 

 

また子供の家出では、長期休み中、休み明けの、調査依頼が増える傾向にあるといえます。子供の家出の場合、取り返しのつかないことをしてしまったり、犯罪に巻き込まれて、どうにもならないケースに出くわすこともあります。 すべての調査に言えることですが、一刻も早く相談ください。解決期間、調査費用ともに、良い結果が出ます。

 

家族の家出の発見は、早期調査が最も重要です。家出してすぐの場合は、まだ痕跡があるためと調査の集団があるためがいくらでもあることが多く発見しやすいのです。

 

 

家出調査の依頼なら

 

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

 

相談 ダイヤル 086-226-1099