セクハラで提訴

セクハラで提訴

一般的にセクハラとは職場等で行われる性的な嫌がらせのことです。特にその多くは男性上司が女性の部下に対し自らの立場を利用して行うものがほとんどです。
そして,不満を持っているのにも関わらず職場で噂がたったりすることを恐れて何もできずに泣き寝入りしている人がほとんどだと思います。

会社などで行われるセクハラ行為に屈していませんか。同僚や上司に相談出来ずに泣き寝入りしている方も多いセクシャルハラスメント被害。羞恥の面でも相談出来ない事を逆手に取った悪質な被害です。

京都市の元臨時職員で30代の女性が21日、上司からセクハラを受けたとして、市に対し、慰謝料など約360万円を求めて京都地裁に提訴した。
訴状によると、女性は上京区役所の臨時職員だった昨年7月ごろ、上司の男性課長から「かわいいな」と言われるなど、性的言動に悩まされ始めた。心身が不調となり、8月には自律神経失調症の診断を受け、9月に退職した。「セクハラを京都市コンプライアンス推進室に訴えたが、市が適切な対応をしなかった」と主張している。
京都市は今年4月に不適切な行為があったと認定し、男性課長をけん責処分とした。提訴について市は「訴状の内容を確認して、適切に対応する」としている。

水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。
また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。
クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。