犯罪被害をどう防ぐか

犯罪被害をどう防ぐか

 

東京メトロ副都心線の駅構内で、所沢市の新聞販売店の男性従業員(53)が刃物で刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕されたアルバイト、男性容疑者(32)朝霞市が「身を守るために普段からナイフを持ち歩いていた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かったらしい。上記容疑者自宅から事件に使われたとされるサバイバルナイフ(刃渡り約30センチ)を押収しており銃刀法違反容疑でも調べるとのこと。
捜査関係者によると、押収されたナイフはさやに入った見つかった状態で見つかった。片側に刻みがあるタイプで渡辺容疑者は「今年1月に購入した」と説明。ナイフには血痕などは確認できなかった。これまでの調べでは、同容疑者が事件直後、渋谷駅のトイレに立ち寄ったことが分かっており、そこで血液を拭き取ったとみている。捜査1課はナイフを鑑定して凶器の特定を急ぐとともに、入手した経緯などを追及する。

 

そこで私が怖いと感じたことは、普段から護身用としてそんなナイフを持ち歩いている事である。何を思ってそんな人を殺すことのできるナイフを常に持ち歩いていたか、護身用とはいえ身の危険を感じるようなことがあったのかなどは気になる。

 

 

私の経験上、そんなことをしでかす人の特徴として、目が 落ち着きがなく、「目が泳ぐといった」傾向がみられるような気がする。私なりの分析では、精神が不安定な状態の人が何かのきっかけでこんな犯罪を犯してしまっているような気がする。

 

犯罪被害を避けるなら、その様な人を避けるるしかないの

 

かもしれない。