強迫ネット 犯罪メール

強迫ネット 犯罪メール

 

警官装い殺害予告か 東京・世田谷区に脅迫メール
東京都世田谷区役所に子どもの殺害を予告する脅迫メールが届き、送り主が愛知県警の警察官を装ったとみられることが13日、警視庁世田谷署への取材で分かった。世田谷署は、愛知県警に恨みを持つ何者かが関わったとみて、偽計業務妨害の疑いで調べている。

同署や区によると、区が民間委託している業務案内などの窓口に9日午前、「明日午後2時できるだけたくさんのガキを殺す」とのメールが送られた。送り主欄には、実在する愛知県警の警察官の氏名が記され、千種署(名古屋市千種区)のメールアドレスも記入されていた。

 

ネット掲示板に殺害予告 千葉県警が特別警戒 きょうメッセNMB握手会
きょう31日に「幕張メッセ」(千葉市美浜区)で開かれる人気アイドルグループ「NMB48」の握手会イベントで、メンバーや来場客らの殺害を予告する書き込みがインターネットの掲示板にあり、千葉西署が特別に警備を行うなど警戒を強めていることが30日、関係者への取材で分かった。

書き込みは昨年12月25日付で、実在する政治団体の関係者をかたり「連続テロを行う」と予告。きょう31日の握手会では、3Dプリンターで製造した拳銃や硫化水素で、メンバーや来場客を「殺害する」としている。

同日は、同グループのメンバー約60人が一人ずつファンと握手する。主催者側は、メンバー全員に警備員を1~2人付けるという。同署は通常、主催者側の要請を受けて警備を行うが、予告を受けて、署員を会場内外に配置し警戒に当たる。

書き込みは今月19日ごろ、愛知県警から情報提供があり発覚した。