盗聴産業と盗聴の現状

盗聴産業と盗聴の現状

 現在盗聴産業は、10億円産業といわれ「盗聴器」は年間約40万個以上販売されているといわれています。最近、某大手銀行の顧客データが流出し売買されたり、有名経営者が絡んで盗聴などの犯罪に使われたりといった、盗聴器が関係している事件が以前からあります。

海外の先進国では、産業スパイ、国家間スパイが日常的に行われています。その国の企業がどんどん日本に入ってくるわけです。情報産業の発展により「情報の価値」だけが向上し「情報を守る」ということに対しての環境は、日本は先進国に比べまだまだ甘いところがたくさんあります。また法整備もできていないのも現状です。

 金融業などで顧客のプライバシーなどが流出してしまうと大切に積み重ねてきた信頼は崩れてきてしま

います。
一度崩れた信頼を取り戻すのは大変なことです。ですがいくらこちらが被害者だと訴えても社会的には認めてもらえないものです。情報の管理責任を問われるのです。

  一般家庭においても盗聴器、位置情報発信機に関する事件が多発しています。しかも、そのほとんどが知られることはありません。

年間約40万個以上の盗聴器が販売されているのに対し発見率が少ない気がします。もちろん、盗聴をするのですから簡単に相手に気付かれてしまっては意味がありません。

 このような盗聴、盗撮の問題うを抱えている方は当社に相談ください。

あなたの力になります。