画像 映像 脅迫

画像 映像 脅迫

最近、画像や映像を使った脅迫の解決依頼が多く、携帯電話やスマートホンの普及と関係があるように感じます。実際に当社のクライアントも裸の映像をスマートホンで撮影をされていた人がいます。動画の保存も簡単にできるため手軽に盗撮を行ことができるようになったのです。

高校生のトイレ盗撮
女子トイレに侵入して「盗撮画像をばらまく」などと因縁をつけ女生徒の腕をつかんだとして、同じ年代の高校生男子を、暴行の疑いで、逮捕されたようです。

公共施設にある女子トイレ内で、女生徒の腕をつかんだ疑い。容疑を認めているという。

高校生男子は、女生徒の後をつけて女子トイレに侵入。女子高校生が入った隣の個室から内部をスマートフォンで盗撮した後、「ネットに流されたくなければついてこい」と腕をつかんだという。女生徒が拒否すると、高校生男子は逃走したようだが、防犯カメラの映像などから特定したということです。

高校野球の県大会を見に来ていた高校1年の女子生徒のスカートにカメラ付き音楽プレーヤーを差し入れて盗撮した疑いで逮捕されている。  観客席の通路を歩いていた女子高校生とすれ違いざまに、スカートに棒の様なものを差し入れたのを、近くにいた落ち大人が目撃して取り押さえたため多いな事件には張ってしていないようである。

 

盗撮映像は、脅迫の材料にも利用できるため盗撮事態を簡単に考えて対応していたのでは問題をこじらせてしまう。