不倫妻の殺人事件

不倫妻の殺人事件
不倫は時として人生を大きく狂わしてしまう

不倫を放置しておくと取り返しのつかないような事態に陥ることがしばしばあります。衝動的な犯行で、さ知人事件までに発展するようなケースはしばしば、ニュースで報道されています。

 タレントの矢口真里と俳優の中村昌也が離婚届を提出。今年2月に不倫現場を夫に押さえられた修羅場を経て、別居発覚からわずか2週間での離婚だった。これで騒動も収束するかと思いきや、タレントとしてのイメージダウンは避けられず、芸能界引退の危機もささやかれている。あまりにも大きい不倫の代償である。

 では、不倫妻の起こした戦慄の「男と女の黒い事件簿」をご紹介しよう。

W不倫引き殺し事件

W不倫相手をひき殺した29歳の人妻

 2005年9月24日の夜、事件は起こった。いずれも配偶者や子どもがいる、いわゆるW不倫の状態の男女が、痴情のもつれから焼き鳥屋の駐車場で大ケンカ。カッとなった女は車に乗り込むと、いきなりバックで発進させ、男を跳ね上げる。男が立ち上がると女は車の向きを変え、今度は勢いよく直進。男を引き殺すと、女は猛スピードで逃走。事件翌日、女は警察に逮捕された。

 このように取り返しのつかなくなる前に、当社に相談ください。