不倫の慰謝料

不倫の慰謝料

なんで不倫した私が慰謝料払うの という嫁

投稿者の従兄弟嫁(以下、嫁)が浮気をしているようなので、興信所に調査を依頼すると結果は不倫をしていた。 離婚を前提に夫側は弁護士同伴で話し合いをします。慰謝料をどうするかという話になると、嫁は「え、私が慰謝料をもらえるんじゃないの?」と怒り出します。弁護士がいくら事情を説明するも「そんなはずない! こっちも弁護士を雇う」と反論してその日は解散することになった。
その後、嫁は弁護士に相談するも「その場合はあなたが慰謝料を払わないとダメだ」と言われるも納得できず。そこで嫁の友人・知人に相談をいろいろした結果やっと「自分が払わないといけない」と自覚し焦り始めます。すると親や兄弟を使って、従兄弟に「やり直したい・復縁をしたい」と申し込みをする嫁。しかし、従兄弟は拒否します。
従兄弟は間男の会社に抗議して彼はクビになり、慰謝料も請求。その後、妻がある身だった間男は離婚し、実家に帰って自分の元嫁へ総額500万の慰謝料と養育費を細々と支払う生活になります。一方、嫁も財産分与なしで離婚、間男嫁に慰謝料を請求されて総額400万の慰謝料を支払い中。風のウワサでは、仕事をしながら慰謝料代を稼いでいる。

あらためて知っておきたい慰謝料の相場

浮気は発覚した時点で「非常に、非常に危険な状態」です。パートナー&浮気相手の配偶者から高額な慰謝料を請求される可能性も。浮気の慰謝料に相場はありませんが、一般的に200万~400万円ぐらいの金額が多いようです。