不倫事件

  不倫事件

 

不倫を放置すると恐ろしいことになる

不動産会社役員と寿司店の経営者の2容疑者を殺人容疑で逮捕。さらには、被害者の妻を、夫殺害容疑で逮捕したのである。 もともと、この事件は、被害者が頭蓋骨骨折の大ケガをして入院したことが発端。被害者が退院した当日に、自宅玄関前で撲殺されたことが疑惑を呼び、世間の注目を集めていたのである。 地元紙の記者が事件の概要をこう語る。   「この事件は、不倫関係にあった不動産役員と妻のが、実行犯のすし店経営者に指示して襲撃させたもので、この際、実行犯のすし店経営者は近所の公園で泥酔状態の被害者を木製バットで殴り倒し、絶命させたと思ったようです。ところが、その後松本さんが自力で帰宅し、入院したことから退院当日に待ち構え、今度は金属バットでメッタ打ちにし、撲殺したのです」 不倫の末に邪魔になった亭主の殺害を企てることはままある話だが、殺害を別の人間に依頼したことでも分かるように、今回の事件には複雑な人間関係が横あったようである。 殺害された夫は、私立高校に勤務する教諭。実家が資産家だったこともあり、高級住宅街に居を構え、大学生の長男、アルバイトの長女、大学生の二女、そして妻の家族5人で暮らしていた。 一方、不動産会社役員は幼い頃に両親が離婚したものの、母親が不動産会社を立ち上げ、地元の高校を卒業するとアメリカに留学。帰国後は不動産会社の役員に収まる傍ら、学習塾で英語を教え生活してい たのである。   不倫を放置していては殺人事件まで発展しているケースもある。不倫を疑うなら当社に相談ください。あなたの力になります。

岡山の探偵社 不倫調査なら

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

浮気調査 岡山  盗聴調査  電磁波調査  企業脅迫 トラブル相談