内部告発を代行

内部告発を代行

当社では、内部告発の代行を依頼されることがある。

内部告発とは

内部告発とは、企業、組織の身内が、所属組織、所属企業の不正や悪事(法令違反など)を、監督機関(監督官庁など)や報道機関へ通報することを言う。

近年、組織、企業の不祥事は、この内部告発によって明らかになるケースが多い。

 

公益通報者保護法

2006年4月1日に施行された法律。内部告発を行った労働者を保護することを目的とする。同法はあくまで「内部告発者を守る法」であり、組織の不正行為を摘発することが主軸のものではなく、したがって、内部告発者の保護はなされても、組織の不正行為の摘発および是正に必ずしも結びつくとは限らない。

同法の施行後も、内部告発者に対する企業による制裁は当然のように行われている。この法律では保護される告発・通報の要件が色々と限定されており、告発者の立場や、通報先にも縛りがあり、この様な状況から、一部では公益通報者保護法は内部告発者の保護が不十分であるという指摘を受けている結果となっている。

内部告発はリスクを背負っていることを十分に認識してから行うことが肝心である。

アンバサダー調査事務所ではそのようなリスクを回避するために、資料集め、代理告発を依頼を受ければ行っている。

またリスク回避の方法と考えて、当社にいら売るという選択肢を選択するのも、内部告発の方法の一つであります。

 

 

内部告発を代行を依頼するなら

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

内部告発 相談ダイヤル 0860226-1099