リベンジポルノ 防止法が成立

リベンジポルノ 防止法が成立

元交際相手の裸など性的な画像をインターネットに流出させる、いわゆる「リベンジポルノ 」を規制する法律が19日午前、参議院の本会議で成立しました。

この法律では、個人的に撮影した性的な画像などを、被写体が特定できる形で不特定多数に提供した場合、3年以下の懲役などを科すとしています。
リベンジポルノをめぐっては、去年、東京・三鷹市で起きたストーカー殺人事件で問題となり、法整備を急ぐ議論が高まっていました。
元交際相手らの性的な写真や動画をネット上に掲載する「リベンジポルノ」への罰則を盛り込んだ被害防止法が、19日午前の参院本会議で可決、成立した。画像を拡散させた場合に、3年以下の懲役刑を科す。
同法は、第三者が撮影対象者を特定できる方法で性的画像を不特定多数に提供するなどの行為を「公表罪」と規定。3年以下の懲役または50万円以下の罰金に科すとした。
また、ネット上の画像削除の手続きも迅速化。現行のプロバイダー責任制限法で、プロバイダーが発信者に削除への同意を照会した後、7日経過しても不同意の連絡がない場合に削除できるとする規定に特例を設け、照会期間を2日に短縮した。

誰にも知られずリベンジポルノを解決

 

アンバサダー調査事務所へ初めてお問い合わせいただく前に必ずご確認頂きたいことがあります。
今起こっているトラブルを真剣に解決しようと思っていますか?
アンバサダー調査事務所は、警察OBをはじめトラブル解決のエキスパートです。
単に、お悩み相談をご希望の方にとっては当社は必要ないのかもしれません。
ご相談だけをご希望の場合は、費用を頂くことになりますがお問い合わせください。
当社は、費用を頂いたクライアントのみの対応です。