リベンジポルノ  罰則

リベンジポルノ  罰則

 自民党は、元交際相手らの裸の画像などをインターネット上に流出させる「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」問題に関する特命委員会を開き、最高「懲役3年以下」の罰則を盛り込んだ新法案の概要をまとめ、了承した。公明党や野党に賛同を呼び掛け、議員立法で今国会へ提出し、成立を目指すとしていたが、このほど法案が可決された。

 元交際相手のプライベートな画像をインターネットに流出させるなど、いわゆる「リベンジポルノ」と呼ばれる嫌がらせに対し、懲役3年以下の罰則を科すことなどを盛り込んだ法律が、19日の参議院本会議で賛成多数で可決され、成立しました。法律では、いわゆる「リベンジポルノ 」による被害を防止するため、交際相手だった人をプライベートで撮影した性的な画像について、写っている人を第三者が特定できる方法でインターネットに掲載するなどした場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金を科すとしています。また、こうした画像を拡散させる目的で特定の人に提供した場合は、1年以下の懲役または30万円以下の罰金を科すとしています。

 

 被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ 被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。

 相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノ は、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

 誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 まずは、お電話をください。経験豊かなアドバイザーが対応しております。貴方一人で悩まず、アンバサダー調査事務所へご依頼ください。

 当社は完全予約制です。
ご要望があればお近くで面談させていただきます。
まずは、お電話でご予約をお取りください。