内部告発 圧力

内部告発 圧力

内部告発には圧力がかかるもの、内部告発にはリスク回避が必要です。
「たかの友梨」:社長が謝罪 労基法違反、内部通報者にパワハラ
エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する不二ビューティの高野友梨社長が、労働基準法違反を内部通報した20代の女性社員に圧力をかける言動をしたとされる問題で、たかの友梨ビューティクリニックは4日、高野社長が従業員らに謝罪したことを公表した。
たかの友梨ビューティクリニックによると、高野社長が同日、現場となった仙台店を訪れ「労働コンプライアンスに対する知識や意識が未熟だったからであると深く反省しております」と謝罪。「労働基準法違反を容認している、ないしは、組合活動に圧力をかけるというような気持ちはありませんでした」と弁明し、「二度とこのような言動を取らないことを約束します」と説明したという。
この問題は、今年5月に仙台店の女性が労働組合「エステ・ユニオン」に加入し、残業代の支払いなどを求めたことが発端。高野社長は同店従業員を集めた8月の食事会で、女性を名指しして「(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの」などと述べたと、同労組などが指摘していた。
同労組は「謝罪の場に被害者の女性はおらず、謝罪を受けたとは思っていない」としている