寄生虫に注意 企業トラブル

寄生虫に注意 企業トラブル

下記に事例は市の税金に寄生した輩の事件です。どの業界にも寄生虫はいるものです。早期発見、早期駆除が被害拡大を防ぐ最良の手段です。
堺市議、政活費返還へ

 

政治費の不正受給は生活保護不正受給と同じぐらい悪質で、なおかつ意思を持って税金をだまし取る行為です。

ビラ配布されず これだけではないようです。
政策ビラが配られていないのに配布代金などを政務活動費に計上したとして、堺市の小林由佳市議)=大阪維新の会、北区=が、2011~14年度に受け取った約285万円を返還する方針を市に伝えていたことが分かった。小林氏の政活費をめぐっては市民が9月に住民監査請求をしていた。

小林氏によると、代理人の弁護士の調査で、ビラの配布を委託した業者が精神疾患のため、大半のビラを配布していなかったことが最近わかり、5日、市監査委員に返還の意思を表明したという。取材に「ビラを配ったという配布完了書を受け取っており、業者を信用していたので大変残念に思う」と話した。

業者のせいにしてこんな返事しかできないようでは、詐欺で逮捕してほしいと思うのは私だけではないと思う。

市によると、小林氏は11~12年度に受け取ったアルバイト代約85万円についてもすでに返還のための手続きをしたという。

この問題では、堺市の自営業者男性が小林氏の議会報告のビラを見たことがないのに、政活費に計上されていることに疑念を持ち、住民監査請求を提出していた。その際、6月に男性が独自で北区の住民79人に聞いたところ78人が「見ていない」、1人が「わからない」と答えたと主張していた。

 

上記のように見ている人は見ている。

 

議員の不正については、懲罰的罰金を科すことがよいのではないかと考える。

企業トラブル解決

もちろん企業においてもこのような寄生虫社員がいます。寄生虫社員を駆除したい方は当社の相談下さい。