ドローン問題

ドローン問題

ドローン飛行の少年
警察の厳重注意を横暴と非難
2015年5月14日0時30分頃、東京都千代田区永田町の国会議事堂近くで小型無人飛行機「ドローン」を飛ばそうとしている男がいるとして警察に通報があった。警察官が駆け付け、ドローンを持っていた横浜市の無職少年(15)を任意同行した。この少年は、5月9日に善光寺(長野市)で法要行列にドローンを墜落させた少年と同一人物。

国会周辺でドローンを飛ばすことは現時点では違法ではないものの、警察はデモなどで人通りが多いため危険だとして飛ばさないように求め、少年を厳重注意した。少年は注意を受ける様子をネット配信しており、警察の一連の対応を「横暴」「不当な拘束」などと非難した。

 

権利

権利とは、一般に、ある行為をなし、あるいはしないことのできる資格。法律上は、一定の利益を主張または享受することを法により認められた地位、あるいは、他人に対し一定の行為・不作為を求めることができる地位をいう。日本において権利は権限を含む。対義語は義務。

各個人が有する権利とは、通常は社会などの制度との関係において、それが保障されるか否かが問われるものであることから、法治主義のもとにおいては、権利は法に基づき各個人に付与される特権として理解される。権利の一つの区分けとして人権と呼ばれるものがあり、基本的人権などの用法においては、社会や国家などの制度に先行して存在するものとして理解されることがある。

なお、より一般的な用語法として、各人が何らかの個人の見解・要求を主張できる根拠があることをして、「権利がある」という用いられ方をすることがある。

 

責任

責任とは、元々は何かに対して応答すること、応答する状態を意味しており、ある人の行為が本人が自由に選べる状態であり、これから起きるであろうことあるいはすでに起きたこと の原因が行為者にあると考えられる場合に、そのある人は、その行為自体や行為の結果に関して、法的な責任がある、または道徳的な責任がある、とされる。 何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事。

 

子供とは言え責任をとらなくてもいいわけではない。もっと厳しく対応いすべき事案であり民亊での対応を考える必要である。