戸籍不正閲覧

戸籍不正閲覧

50人分の家系図作成

「家系図を作りたかった」。こんな理由で親類などの戸籍情報を不正に閲覧したとして、尼崎市は1日、市民協働局の男性課長(57)を停職3カ月の懲戒処分にした、と発表した。

同市によると、男性課長は市民サービス部の課長だった13年5月16日から14年9月29日までの間、課内に設置されている端末で、自身の親族の戸籍を52回検索し、10人分の戸籍を21回印刷。6世代約50人分の家系図を作成したという。

親族以外の画面は閲覧していないといい、印刷した用紙は職場内でシュレッダー処理したという。

市の調査に男性課長は「業務マニュアルを作成しようと思って閲覧を始めた」と釈明しているという。

これはある探偵社のホームページの内容です。

結婚調査の報告書は通常40ページ以上の内容となります。そのため相沢では、ご報告の際にご依頼主により深くご理解頂けますよう、無料で先方様の家系図を作成させて頂いております。

先方様の家系図をご覧頂きながら、お知りになりたい御依頼内容をご確認、ご説明申し上げてまいりますので、ご好評頂くとともに、ご依頼主に充分な理解を得て頂いております。また、ご報告の後も無料で調査項目についてのご相談をお受けできますので、誤解なども発生いたしません。

これは違法にならないかという事ですが、要は情報の入手方法が重要なのです。