脅迫 対策

脅迫 対策

もし何かのきっかけで脅されたら、貴方はどう解決しますか?

「会社にばれたらクビになる!」

「家族に危害が加えられたらどうしよう・・・」

「断ったら、仕返しされるかもしれない!」

「警察に相談すると、問題が大きくなる・・・」

様々な、不安が脳裏をよぎるに違いありません。

ひとりで、このような悩みを抱えていても問題が解決することはないでしょう。

解決へ向けての一歩が必要なのです。

 

給食へ毒入れると脅迫はがき

倉敷市中心部の複数の小学校に去年の9月下旬、「学校給食に毒を入れて、子どもを殺す」などと書かれたはがきが届いていたことが30日、関係者への取材で分かった。8月にも同市の小中高校十数校に「子どもを連れ去ってやる」などと脅すはがきが届いている。いずれもこれまでに被害は出ていないが、岡山県警は同一犯の可能性があるとみて威力業務妨害容疑などで捜査している。

関係者によると、はがきは9月26日ごろ届いた。1998年、和歌山市内の夏祭りで起きた、カレーにヒ素が混入され4人が死亡した事件に触れ、「同じような毒を給食に入れる」という趣旨の記載があり、学校側は倉敷署に相談したという。

はがきに押された消印は8月のはがきと同様に県外で、文面も印刷だった。8月のケースは2001年の大阪教育大付属池田小の校内児童殺傷事件に触れ、「同様の事件を起こす」との記述があった。そのほかにも類似点が見られるという。

今回の事態を受け、県教委は9月26日、全小中高校と特別支援学校の計690校に、学校給食への異物混入を防ぐため調理後の給食は施錠して保管するようメールで通知した。