援助交際

48歳教諭逮捕日ごろから援助交際

こんな教諭がいる学校には子供を行かせたくない
小学生の女子児童に、みだらな行為をしようとしたとして、48歳の高校教師の男が逮捕された。男は、「お小遣いをあげる」というメールで、女子児童を誘い出し、車に乗せてホテルに連れ込んでいた。
黒板の前でチョークを握り、白い歯を見せる眼鏡の男は、強姦未遂の疑いで逮捕され、14日に送検された、愛知県立東郷高校の教師・小島栄治容疑者(48)。

小島容疑者は2014年11月、出会い系アプリで知り合った、当時11歳の女子児童を「小遣いをあげる」などといったメールで誘い出し、愛知・名古屋市内のホテルで、みだらな行為をしようとした疑いが持たれている。

その犯行は、2015年1月、女子児童の携帯電話の通信履歴を見た両親が、警察に相談したことで発覚した。

高校の校長は、「あってはならないことですね。教員として。(小島容疑者は)非常に声が大きく、指導がはっきりしている熱心な教員。教科は数学で、1年生の副担任」と語った。

小島容疑者は独身で、教員歴は25年。

その間、野球部などでも指導にあたり、数学を担当する現在の高校では、厳しい先生として有名だったという。

小島容疑者の父親は、「(息子のことを)近所の人はみんな、『立派な人』と言ってくれる。やるわけないと思っている。そんな暇はない」と話した。

これまでの調べなどによると、小島容疑者は、誘い出した女子児童を、待ち合わせ場所で車に乗せ、名古屋市内のホテルに連れ込んでいたという。

取り調べに対し、小島容疑者は、「性欲を満たすためにやった」、「日ごろから援助交際をしていた」と、容疑を認めていて、警察は、余罪があるとみて追及する構え。