精神疾患者事件

精神疾患者事件

名大生事件 視力低下の男子同級生母からもタリウム
名古屋市で無職の森外茂子(ともこ)さん(77)を殺害したとして逮捕された名古屋大の女子学生(19)が、宮城県内の高校に在学中、同級生の男子生徒の視力が著しく低下した事件で、男子生徒の母親からも劇物のタリウムが検出されていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

宮城県警の鑑定で、男子生徒の視力低下はタリウム摂取による中毒症状の可能性が高いと判明。同県警は、飲食物などを通じて間接的に母親がタリウムを摂取したとみて、男子生徒の摂取量や経路、時期の特定を進めている。

捜査関係者によると、母親から検出されたタリウムは男子生徒よりも微量で、母親の体調に目立った変化はなかったという。

当時高校2年だった男子生徒は平成24年6月ごろから体調を崩して両目の視力が低下し、同年10月に入院。男子生徒側から相談を受けた同県警は、医師の鑑定などから事件性があると判断し、25年2月に被害届を受理、傷害容疑で捜査している。

女子学生は森さんをおので殴るなどして殺害したとして、愛知県警に今年1月、殺人容疑で逮捕された後、「高校時代、同級生に毒を飲ませたことがある」と供述。同県警は女子学生の名古屋市内の自宅アパートからタリウムなどとみられる複数の薬品を押収していた。

女子学生は高校時代に、別の同級生にも「毒を飲ませた」などと供述しており、愛知、宮城両県警が慎重に調べている。

これまでの調べに対し、女子学生は「人を殺してみたかった。達成感があった」などとも供述しており、現在は刑事責任能力の有無を調べるために鑑定留置されている。